bio/statement

Biography


Tomoko Hojo is an interdisciplinary artist and researcher working within the field of experimental music and sound art. Through the experiences of performing historical avant-garde musical works, current works explore site-specific sound work referring to archival materials, field recordings and storytelling. She has completed two Masters’s degrees by 2015, in Sound Arts at the London College of Communication and in Creativity of Arts and the Environment at Tokyo University of the Arts. She has written about the pre-history of Sound Art in Japan from 1950s to 1970s, focusing on exhibited sound works created by artists having their origins in music, published in the book, After Musicking, edited by Yoshitaka Mōri - Tokyo University of the Arts Press. She has an ongoing collaborative project with Swiss-born sound artist Rahel Kraft, their work Reborn Sounds highlights the individual hidden, private relationship between sound and place through interviews with local community. Their next work will be presented in March 2018 at Contemporary Art Center, Nairs, Switzerland. She also coordinates and performs as part of Tokyo based Ensemble for Experimental Music and Theater - EEMT, which explores questions around theatre and notation, propounded by John Cage. She is an Overseas Research Fellow supported by Pola Art Foundation in 2017-2018, and a visiting researcher at CRiSAP, London College of Communication, University of the Arts London. 


北條知子は実験音楽とサウンド・アートの領域で活動する学際的なアーティスト/研究者である。2015年、東京藝術 大学大学院音楽研究科芸術環境創造領域、ロンドン・カレッジ・オブ・コミュニケーション サウンド・アートコース をともに主席で修了。1950年から1970年に発表された音楽家による音を用いた展示作品に焦点を当てた日本のサウンド・アート前史についての論文が、毛利嘉孝編「アフターミュージッキング」として、東京藝術大学出版会から2017年11月に発売。 現在、スイス生まれのアーティスト、ラヘル・クラフトとともに「Reborn Sounds」という進行中の共同プロジェクトをおこなっている。これは地域のコミュニティへのインタビューを通して、個々人の私的で隠された音と場所との関係を明らかにするものである。また、ジョン・ケージが提唱した記譜とシアターの問いをめぐる東京を拠点とするグループ「実験音楽とシアターのためのアンサンブル」の企画者・出演者としても活動している。2017- 2018年のポーラ美術振興財団の在外研修員であり、現在、ロンドン芸術大学 ロンドン・カレッジ・オブ・コミュニ ケーションにあるサウンド・アート研究所CRiSAPの客員研究員としてイギリスに滞在している。


Artist Statement


Within experimental music and sound art field, my works take various forms, composition, score-based or improvised performance, installation and academic research. Although the methodologies are changed each time, the main concept underneath my works and researches are consistent. It is related to the historical position and its background of performance, experimental music and sound art. These marginal and interdisciplinary genres which are not on a single linear history have multiple possibilities as rewritable and connectable. However, as many examples show, there is always a gap in between ‘things regarded as the truth’ and ‘things written as the truth’. Focused on this gap between these two, I visualize its background, politics, biases and other possibilities which might be happen through irradiating these hidden frameworks. Recently, I also include the gap based on personal experiences, not only the big context as the history. Specifically, it means the differences between “the things objectively recorded as a document” and “the things subjectively remembered”, which emerge through one’s misunderstandings and imaginations. To sum up, my activity is to reexamine the historical position of my field through an academic research, and expand it as artworks in the difference layer by using creative and experimental ways. (2017)


私の活動は実験音楽とサウンド・アート分野において、楽譜に基づく演奏、即興演奏、展示および研究など様々な形態をとる。方法論はその都度変化するが、根底にあるコンセプトは一貫している。それはパフォーマンス、実験音 楽、サウンド・アートの歴史的位置づけとその背景に関連する。リニアな歴史をもたないこれらの周辺的で領域横断的なジャンルは、複数の記述/接続可能性をもつ。しかし多くの例が示すように、「実際に起こったこと」と「真実 として記述されるもの」の間には常にギャップがある。私の活動ではこの差に焦点を当て、隠された枠組みを照射することで、その背景、政治、偏見、そしてあり得たかもしれない可能性を可視化する。 近年では、歴史という大きな文脈にとどまらず、個人の経験に基づく「差」も含めている。具体的には、客観的に記 録されたものと主観的に記憶されたものの間で、勘違いや想像を通じて生じる差異を指す。このように、私の活動は、学術研究を通して自身の専門分野の歴史的位置付けを再検討するとともに、創造的かつ実験的な方法で作品という別の位相で展開していくことだといえるだろう。(2017年)